和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月01日(金)

デロイト トーマツとセールスフォース・ジャパンDX人材育成プログラム「Pathfinder」の募集規模を10倍の1000名に拡大し、本日申込開始

IT未経験の人材に全21週の本格的なCRMトレーニングを共同で無償提供。昨年はリスキリングを望む女性の参加意欲が高く、出産・育児後のキャリアチェンジや地方からの”リモート就職“機会に

デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長 佐瀬真人、以下:デロイト トーマツ)と株式会社セールスフォース・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:Salesforce)は、昨年より共同で実施している無償のIT未経験者向けDX人材育成プログラム「Pathfinder(パスファインダー)」の今年度募集規模を昨年の10倍となる1000名に拡大し、本日より前期(サイクル1)の受講希望者の申し込み受付を開始しました。

「Pathfinder」は、2018年に米国Salesforceと米国デロイトが共同で開始したDX人材育成プログラムで、調査会社のIDCが2026年までに全世界で930万人の新規雇用を創出すると予想している「Salesforceエコノミー(注1)」でキャリアを積むために必要な技術およびビジネススキルを身につけた人材を育成することを目的としています。昨年開始した日本版の「Pathfinder」では、米国でのDX人材育成実績やノウハウを日本のDXコンサルタントが日本の受講者向けにカスタマイズしており、CRMやSalesforceの知見、ビジネススキルを21週かけて集中的に習得できるよう構成されています。

昨年は100名の受講者に対して、「CRM×デジタル」領域におけるビジネススキルトレーニング、Salesforce認定資格の取得支援、実践的なスキルを身に付けるための演習トレーニングを実施し、49名のSalesforce認定アドミニストレータ資格取得者を輩出しました。また、受講者へのキャリア開発支援として人材サービスを提供する株式会社Warisの協力のもと実施したPathfinder修了者が参加するミートアップイベントなどを通じて、Pathfinderに賛同いただいたSalesforceパートナーのNECソリューションイノベータ株式会社、 toBeマーケティング株式会社、株式会社セラク、デロイト トーマツなど各社に受講者の就職が決定しました。昨年は、特に出産・育児休暇などを経た女性のプログラム修了率が48%と全体平均(32%)よりも高く、リスキリングに対する女性の高い意欲が明らかになりました。また、地方部の受講生が都市部の企業に”リモート就職“するなど、IT未経験の受講生に新たな活躍の場を提供するキャリア開発支援の場となりました。

今年度もWaris(ワリス)の協力の元、賛同パートナー企業と共に、本プログラム卒業生にとってベストマッチングとなるような就労先を探す支援を行ってまいります。

【2022年度Pathfinderプログラム概要】
■ 目的:- CRMのビジネススキルとSalesforce技術の習得機会を提供
- Salesforceエコシステムでのキャリアを実現するための就業機会の提供
■ 募集人数:1,000名(前後期各500名)
■ 受講費用:無償(プログラム期間中に認定資格受験費用が別途かかります)
■ 対象者:- 就職活動中・転職・再就職を検討中の方(2023年卒業予定の学生含む)
- IT未経験からキャリアチェンジを目指す方
- CRM・クラウドといった新たな技術・スキルを身に付けたい方
■ プログラム内容:- 全21週、各週7~10時間、累計約200時間の学習時間
- オンライン中心の学習環境
- Salesforce認定アドミニストレータ資格取得支援
- 演習形式で実践的な経験を積む総合演習
- 卒業生の新たなキャリアをサポートするキャリア開発支援
■ 本プログラムにおける両者の役割:
- Salesforce-技術スキル取得支援、キャリア開発支援
- デロイト トーマツ-ビジネススキル取得支援
※後期の募集については特設サイト上で今後改めてお知らせします。

■ Pathfinderに関する情報をまとめた特設サイトはこちらをご覧ください。
https://www.salesforce.com/jp/company/careers/pathfinders/

企業の競争力を確保するために必要なDX人材への需要は急増していますが、Salesforceが日本を含む世界19カ国で働く人材に実施したデジタルスキルの準備状況のスコアに関する調査結果(注2)では、世界の回答者の平均スコアである33点と比べ、日本の平均スコアは15点で、将来必要なスキルに対しての準備状況、スキルレベル、リソースへのアクセス、デジタルスキル向上に対する積極性が低く、早急な対策が必要であることが明らかになりました。Salesforceとデロイト トーマツではPathfinderを通じて、IT未経験者の方々が容易にアクセスできるリソースや機会を提供し、ビジネスに必要となるDX人材を育成してまいります。

注1)出典:IDC White Paper, sponsored by Salesforce, “The Salesforce Economic Impact,” doc #US48214821, September 20, 2021.
注2)「Salesforceグローバル・デジタルスキル・インデックス2022」調査

Salesforceについて
Salesforceは顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、 あらゆる規模や業種の企業がデジタルトランスフォーメーションを行い、 顧客を360度で見られるよう支援しています。 Salesforce(NYSE: CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。


本件に関するお問合わせ先
デロイト トーマツ グループ 広報担当 高橋、内山
Tel: 03-6213-3210  Email: press-release@tohmatsu.co.jp

株式会社セールスフォース・ジャパン  広報担当 相庭
Tel: 070-7789-1235  Email: pr-jp@salesforce.com


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/58853
提供: