和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月20日(木)

あぜ道にホトケノザ 紅紫色の花咲く、白浜町

花を咲かせたホトケノザ(和歌山県白浜町で)
花を咲かせたホトケノザ(和歌山県白浜町で)
 和歌山県白浜町のあぜ道などでホトケノザ(仏の座)が群生して紅紫色の花を咲かせている。

 北海道―琉球の日当たりの良い畑や道端などに生えるシソ科オドリコソウ属の越年草。茎は高さ10~30センチになり、長さ2センチほどの筒状の花を咲かせる。花の季節は普通は春だが、日当たりの良い場所などでは秋や冬に咲かせることもある。

 葉が仏が座る蓮華座(れんげざ)のように見えることが名前の由来。「春の七草」に数えられるホトケノザは、黄色い花を咲かせるキク科のコオニタビラコのことで、本種とは別種。