和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月06日(月)

白浜温泉街が冬支度 白良浜に防砂ネット

打ち込んだ木のくいにネットを掛ける町職員ら(25日、和歌山県白浜町の白良浜で)
打ち込んだ木のくいにネットを掛ける町職員ら(25日、和歌山県白浜町の白良浜で)
 和歌山県白浜町は25日、白良浜に防砂ネットを設置した。粒子の細かい砂が北風で飛散しないようにするためで、白浜温泉街の〝冬支度〟として、この時季の恒例になっている。

 町職員らが砂浜に2メートル間隔で木のくいを打ち込み、長さ20~30メートルのネットを手際よく張った。22組を設けた。来年3月中旬に取り外す。

 町は、江津良浜にも防砂ネットを設置した。こちらは来年4月に撤去する予定。