和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年11月28日(日)

FII5周年記念でFII Institute人類賞を開始

AsiaNet 92605 (2621)

【リヤド(サウジアラビア)2021年10月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*Future Investment Initiative (FII) Institute for Humanity Award(FII Institute人類賞)を27日、FII5周年を記念して立ち上げ
*女性と子どもの権利の国際的擁護者であるグラサ・マシェル(Graça Machel)さんと受賞歴のある歌手で人道主義者のグロリア・ゲイナー(Gloria Gaynor)さんが、卓越したキャリアと人類へのポジティブな影響を促進する模範的なコミットメントが認められて、最初の2人の受賞者となった。

Future Investment Initiative (FII) Institute(未来投資戦略研究所、FII Institute)は27日、第1回FII Institute人類賞を、女性と子どもの権利の国際的擁護者であるグラサ・マシェルさんと、受賞歴のある歌手で人道主義者のグロリア・ゲイナーさんに授与した。FII Instituteは2人をFIIのオープニングセッションに招き、ゲイナーさんはヒット曲「I Will Survive(邦題・恋のサバイバル)」を歌った。マシェルさんは開会の辞を述べ、駐米サウジアラビア大使のReema bint Bandar Al-Saud王女と人類への投資の重要性についてライブインタビューを行った。

グラサ・マシェルさんはモザンビークと南アフリカの元ファーストレディー(両国の各元大統領夫人)であり、The Graca Machel Trust(グラサ・マシェル基金)の会長で、人道主義者かつ女性と子どもの権利の擁護者である。また、平和、正義、人権のために協力する世界のリーダーの独立的グループであるThe Eldersの共同創設者兼副議長である。

ゲイナーさんはいくつかの慈善団体で精力的に活動しており、特に個人が病気や悲しみに打ち勝つ手助けをすることや、国家的悲劇を証言した後、命をつなぎ合わせている人々を支援することに重点を置いている。「I Will Survive」は、世界中のサバイバーやファンに受け入れられている感動的な賛歌になっている。

FII Institute人類賞は、FII Instituteの「人類への貢献」アジェンダと、人類にとってより明るく、より持続可能な未来を作る方法を反映している。FII Institute は優れたアイデアを行動に移し、人工知能、ロボット工学、教育、医療、持続可能性の5つの重点分野にわたって、最高の知性に力を与え、アイデアを現実世界のソリューションに転換するのに役立つ投資部門を備えた国際的な非営利財団である。FII InstituteのRichard Attias最高経営責任者(CEO)は、この賞は人類にポジティブな影響を与えた優れた個人を表彰すると述べ、次の様に語った。

「われわれは、女性と子どもの権利、教育、発展や芸術と文化の促進などの分野での生涯にわたる貢献と努力を表彰したいと思う。FII Institute人類賞は世界中の人々に役立つための新しい基準を設定している」

最初の受賞者は、「Invest in Humanity(人類への投資)」をテーマに開催されている5周年記念FIIで発表された。複数のセクターがCOVID後の時代にルネサンス(再生)を目撃しており、このイベントでの議論と討論は、人類に最大の利益をもたらす投資を中心に展開している。このプラットフォームは、世界の指導者、専門家、イノベーター、メディアをグローバルなプラットフォームに集結させ、人類に大きな影響を与える社会の課題に取り組む先駆的なソリューションを模索する。

▽FII Instituteについて
FII Instituteは、投資部門と1つのアジェンダ「人類への貢献」を有する国際的な非営利財団である。環境・社会・ガバナンス(ESG)の原則にコミットし、最高の知性を育み、AI、ロボット工学、教育、医療、持続可能性の5つの重点領域でアイデアを現実世界のソリューションに転換する。

われわれは、意思決定者、投資家、そして熱心な若者世代が結集し、意欲を高め、活気づき、変化の準備ができているという適切な場所、かつ適切な時にいる。われわれはそのエネルギーをTHINK、XCHANGE、ACT(考え、交流し、行動する)の3つの柱に活用し、世界的に変化をもたらすイノベーションに投資する。

人類のより明るい、より持続可能な未来を保有し、共同で創造し、実現するためにわれわれに参加して欲しい。www.fii-institute.org

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1670943/FII_Institute_1.jpg
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1670944/FII_Institute_2.jpg

ソース:FII Institute



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202110272402
提供: