和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月06日(月)

高場から獲物探す 猛きん類のチョウゲンボウ飛来

電柱から飛び立つチョウゲンボウ(和歌山県上富田町市ノ瀬で)
電柱から飛び立つチョウゲンボウ(和歌山県上富田町市ノ瀬で)
 秋が深まり、ハヤブサの仲間チョウゲンボウが和歌山県紀南地方に飛来している。高場から獲物を探す姿が見られる。

 全長35センチ前後でハトぐらいの大きさ。羽を広げても70センチ前後の小さな猛きん類。紀南地方で繁殖は確認されておらず、越冬のため北の方から渡ってきているとみられている。

 平地から高山帯までの草地や農耕地、河川敷などで、昆虫類や両生爬虫(はちゅう)類、小鳥などを捕獲する。

 上富田町市ノ瀬では、電柱のてっぺんに止まって辺りに目を光らせていた。獲物を発見すると、きれいな羽を羽ばたかせて飛び立つ。ホバリングすることもある。