和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月07日(火)

聖徳大学が11月6 ・7日に「食に関する講演会」をオンラインで開催



聖徳大学(千葉県松戸市)は、11月6日(土)、7日(日)に「食に関する講演会」をZoomによるオンライン配信で開催する。1日目は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構上級研究員の北澤裕明氏が「農産物の包装から考えるSDGsが目指す社会における包装の役割」について講演。2日目は、千葉大学予防医学センター特任研究員の塩谷竜之介氏による講演「都市型介護予防モデル『松戸プロジェクト』の成果と今後に向けて」が行われる。どちらか1日の参加も、両日の参加も可。要事前申込(各日定員1,000名)、参加費無料。




 11月6日(土)の北澤裕明氏の講演では、2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に照らしながら、食料の保障と環境の保護を両立するためには近未来の食品包装はどうあるべきかなどについて、農産物向けの包装事例を通して考える。
 11月7日(日)には塩谷竜之介氏が、2017年より千葉大学予防医学センターと松戸市が連携している「地域連携活動への参加で健康寿命を延ばす全国に先駆けた科学的研究プロジェクト」の全容と、これまでの介護予防効果等の現状について解説する。
概要は以下のとおり。

◆食に関する講演会(1日目)
【講演内容】「農産物の包装から考えるSDGsが目指す社会における包装の役割」
【日  時】令和3年11月6日(土) 14:00~15:30
【開催方法】Zoomによるオンライン配信
【講  師】北澤 裕明氏(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品流通・安全研究領域 流通技術・新用途開発グループ 上級研究員)
【定  員】1,000名(要事前申込・参加費無料)
【主  催】聖徳大学人間栄養学部人間栄養学科
【共  催】公益社団法人 日本フードスペシャリスト協会

◆食に関する講演会(2日目)
【講演内容】「都市型介護予防モデル『松戸プロジェクト』の成果と今後に向けて」
【日  時】令和3年11月7日(日) 14:00~15:30
【開催方法】Zoomによるオンライン配信
【講  師】塩谷 竜之介氏(千葉大学予防医学センター 特任研究員)
【定  員】1,000名(要事前申込・参加費無料)
【主  催】聖徳大学人間栄養学部人間栄養学科
【後  援】一般社団法人 全国栄養士養成施設協会

■申込方法
 参加希望者は、以下の申込フォームにアクセスの上、事前申込み。
【申込フォーム】 https://forms.office.com/r/fPsJd3ZZBG
 
【申込期限】令和3年11月3日(水)
※詳細なご案内は、10月下旬ころにご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。また、以下のドメインからのメールを受信できるように設定をお願いします。
 @wa.seitoku.ac.jp
 詳細なご案内メールが届かない際にはお手数ですが下記問い合わせ先までご連絡ください。

▼講演会に関する問い合わせ先
 聖徳大学(知財戦略課)
 〒271-8555千葉県松戸市岩瀬550
 TEL:047-365-1111(大代表)

(参考)
・聖徳大学 食に関する講演会2021《オンライン配信》
 https://www.seitoku.jp/chizai/?p=3893
 


▼本件に関する問い合わせ先
聖徳大学総務課広報渉外グループ
住所:〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550番地
TEL:047-365-1111(大代表)
FAX:047-363-1401
メール:kohog@wa.seitoku.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/52542
提供: