和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月27日(水)

島根県三瓶山の天然水を使用 武庫川女子大学ブランドのペットボトル水、発売



武庫川女子大学は島根県大田市の三瓶山(さんべさん)で採取される天然水を使用したオリジナルのペットボトルウォーター(500ml)を発売しました。パッケージに大学のロゴやビジョンをあしらい、学内で販売するほか、大学ブランドのPRに活用する予定です。






 もとになる商品は、山陰クボタ水道用材株式会社が製造している「さひめの泉」。肌や髪を形成する成分であるシリカを1リットル当たり70mg含んでいるのが特徴です。軟水で飲み心地はまろやかです。

 「さひめの泉」をもとに500mlのペットボトルを大学オリジナルパッケージで発売することが実現しました。パッケージは武庫川学院の学院カラーであるピーコックグリーンを基調とし、学院が創立100周年に向けて提唱するMUKOJO Vision「一生を描ききる女性力を。」やロゴをデザインしました。

 大学の各キャンパスをはじめ、附属中学校・高等学校の売店や食堂で販売するほか、イベント等で使用し、武庫川女子大学のPRに活用する方針です。


▼本件に関する問い合わせ先
広報室
住所:兵庫県西宮市池開町6-46
TEL:0798453533
メール:kohos@mukogawa-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/51195
提供: