和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月19日(火)

ヤマボウシの実色づく 田辺市龍神村の護摩壇山

赤く色づいたヤマボウシの実(和歌山県田辺市龍神村龍神で)
赤く色づいたヤマボウシの実(和歌山県田辺市龍神村龍神で)
 和歌山県田辺市龍神村龍神の護摩壇山森林公園で、落葉高木のヤマボウシの実が色づき始めた。周辺の山の紅葉はまだだが、実りの秋を告げている。

 森林公園管理棟前にある林間広場の周辺に、植栽したヤマボウシの木が8本あり、9月に入って直径約2センチまで大きくなった実が赤くなり始めた。

 熟した実は食べることができる。甘みがあり、果実酒にも利用できる。林間広場に集まる鳥がついばんでいる。ヤマボウシの紅葉は9月下旬から始まり10月まで。