和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月20日(月)

業界初の撮像技術とAIで、高精度な検査をスキルレスに実現する 基板外観検査装置「VT-S10シリーズ」を発売

2021年8月2日

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長CEO: 山田義仁)は、電子基板の高精度な外観検査をスキルレスに自動化する、業界初の撮像技術と、AI搭載の基板外観検査装置「VT-S10シリーズ」 を8月5日からグローバルで発売します。5GやEV、自動運転のニーズが高まる中で検査難度が高まる車載用電子基板を高精度に検査することで、品質を維持向上し、社会への安心・安全に貢献します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108028396-O2-O5T1DE3s
【AIを搭載した基板外観検査装置「VT-S10シリーズ」】

近年、5GやEV、自動運転などで使用される電子基板の需要が急増し、これらの用途は人命に関わることもあることから、基板の品質要求が一層高まってきています。また、基板の高密度化、微細化が進むことで、検査難度が上がり、従来の基板外観検査装置では、はんだの形状を的確に撮像することが難しく、検査範囲や項目に限界が出てきました。一方、製造現場では、熟練者不足など人手不足が深刻化する中、新型コロナウィルス感染症対策として、製造現場における密集・密接回避や移動制限が求められています。そのため、検査精度の進化に加え、人による目視の削減や、外観検査装置の設定や立ち上げ時の熟練者の経験や技能を”スキルレス化”することが急務になっています。

今回発売する基板外観検査装置「VT-S10シリーズ」は、オムロン独自の「MDMC(Multi Direction Multi Color)」撮像技術で、検査対象基板の部品やはんだ形状といった特徴に合わせて、検査時の照明の照射角度や、色、光量を自動で最適制御し、設定工数を約70%削減*²します。また、オムロンが30年以上にわたり外観検査の現場で培った画像処理のノウハウと、はんだ検査に対する知見を学習させたAIを搭載することで、従来、人の感性に頼らざるを得なかった検査も自動化できるようになり、検査正解率も大幅に向上させます。

オムロンは、3つの" i "、「integrated(制御進化)」、「intelligent(知能化)」、「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト「i-Automation!」のもと、製造業のモノづくり現場革新に取り組んでいます。豊富な制御機器をすり合わせ、はんだ検査の知見を活かしたAIを搭載するなど、「i-Automation!」を体現する「VT-S10シリーズ」を通して、安心・安全な社会に貢献します。今後も、自動検査できる範囲と項目を拡大させることで、人は単純・単調作業からより創造的な仕事に従事していただけるよう、お客様と共に、製造現場を進化させ続けます。

*¹業界初:基板外観検査業界におけるMDMC撮像として、業界初。2021年7月当社調べ
*²70%:複数の顧客とともにプログラム作成時間や検査正解率で比較した実証実験の一例での結果

主な特長
1.MDMC撮像技術による見過ぎ大幅低減
オムロン独自のMDMC照明を活用し、高度化する基板や部品の高精度検査を実現する撮像技術を開発しました。
照射角度、色、光量を自在に制御することで、従来の撮像方式に比べ、はんだの形状がより正確に捉えられることに加え、隣接する背高部品の影の影響排除や基板上のパターンや部品面上の印字を正確に捉えることが可能となりました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108028396-O3-T06Gp6Yk
【業界初のMDMC照明】

あらゆる方位、角度、多彩な照明の照射により、複雑なはんだ形状も正しく検査可能

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108028396-O4-AGrDT8nH
【はんだの形状を正確に3D抽出】


【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108028396-O5-xQ0K1trM

 
②強調白色照明により印字バラツキの影響なく、正しく文字検査可能
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108028396-O6-74p6nWe7】         【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108028396-O7-42uSx7nH
                                                                             
【撮像イメージ(左)】【文字検査のイメージ(右)】

2.定量検査とAIによる最適検査によるプログラム工数最小化
これまで積み上げてきたはんだ形状検査に関する知見に加え、MDMC照明により獲得した画像を活用し、はんだ検査に特化したAIを開発しました。このAI検査と、MDMCによる定量検査を組み合わせることで、ティーチングスキルの低減と見過ぎ削減を両立することに成功しました。ある顧客との実証実験では、目視工数を85%削減することが確認できました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108028396-O8-ANX5tIH1

 

3.M2Mシステムによる良品生産システム
他社製造設備とデータ連携することで品質傾向を把握し未然に不良発生を防止することが可能。
各工程の検査結果を数値・画像含めデータ化することで品質の見える化
最終工程の検査結果から印刷後、マウンタ後工程の検査基準を自動最適化することで直行率向上
他製造設備メーカとデータ連携することで不良低減および未然防止
ある顧客との実証実験では、このM2Mシステム導入により品質バラツキを不良発生前に検知・対処することで、不良発生率を50%以上削減することに成功しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108028396-O9-9q4EX5zT

 
< “i-Automation!”について>
オムロンは、製造業のモノづくり現場を革新するコンセプトを"i-Automation!"のもと、次の3つの"i"からなる オートメーションの進化によって製造現場の生産性を飛躍的に高め、付加価値の高いモノづくりの実現を目指しています。「integrated(制御進化)」は、これまで熟練工に頼っていた匠の技を、誰もが簡単に実現できるよう、オートメーション技術を進化させます。「intelligent(知能化)」は、幅広い制御機器とAIを活用し、機械が自ら学習して状態を保全するなど、進化し続ける装置や生産ラインを実現します。「interactive(人と機械の新しい協調)」は、同じワークスペースで人と機械が共に働き、機械が人の動きや考えを理解しアシストするなど、生産現場を知り尽くす制御機器メーカーのオムロンならではの、人と機械の新しい協調関係を提供します。

<オムロン株式会社について> 
オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケア、環境など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

 



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202108028396
提供: