和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月29日(水)

HuionがKamvas Pro 24(4K)など3種の23.8インチ・ペンディスプレーを発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107308358-O1-a678oFC6

AsiaNet 90922 (1746)

【深セン(中国)2021年7月30日PR Newswire=共同通信JBN】Huionは30日、Kamvas 24、Kamvas 24 Plus、Kamvas Pro 24(4K)の大型スクリーンのペンディスプレー3種を発表した。このうちの2種はKamvasシリーズ、もう1種はKamvas Proシリーズである。性能が向上したこれらペンディスプレーはアニメーション、ゲーム、工業デザインなどを専門にするクリエーター向けに設計されている。

▽Kamvas Pro 24(4K)
プレミアムなデザインと高い性能を備えるKamvas Pro 24(4K)はHuionを代表する製品である。4K UHDの解像度、量子ドット技術、140%のsRGB色域、1200:1のコントラスト比、そしてHDR技術により、Kamvas Pro 24(4K)は没入的な視覚体験のための理想的なペンディスプレーになっている。ほとんどのHuionペンディスプレーと同様に、Kamvas Pro 24(4K)もフルラミネーション技術とエッチングされたアンチグレアガラスを採用し、最小限の視差ならびに紙にペンで自然に描くような体験を実現している。

それに加え、Kamvas Pro 24(4K)には2つの折り畳み式スタンドがあり、ユーザーは20度の角度をつけてクリエーションを楽しむことができる。さらなる多様性と柔軟性を求めるユーザーには、ST410/ST420モニターアーム、あるいはST100A調節可能スタンドが適しているかもしれない。より多くの角度に対応するので、ユーザーは最も快適な姿勢で描くことができる。

▽Kamvas 24とKamvas 24 Plus
Kamvas 24とKamvas 24 PlusはKamvasシリーズの6番目の製品だ。これまでの機種に比べ、Kamvas 24とKamvas 24 Plusはより大きな23.8インチスクリーンを誇るだけでなく、2.5K QHDの解像度も備えている。さらに、Kamvas 24 Plusは量子ドット技術を採用し、色域をsRGBの140%に高め、1200:1のコントラスト比を実現したことで、より鮮やかで明るいプレゼンテーションを行うことができる。

▽デジタルペンでさらなるクリエーションを
これら3種のペンディスプレーにはPW 517デジタルペンが付属している。Huion PenTech3.0をベースに開発されたPW 517を使うことで、より自然で安定した描画体験が可能になる。Huionはフェルトペンのペン先も初めて導入した。このペン先は、Kamvas Pro 24(4K)に付属する。

8192レベルの筆圧感度と220PPS以上のレポートレートにより、自然で繊細なラインを即座に再現することができる。プラスマイナス60度の傾斜認識により、シェーディング、スケッチング、エッジングなどさまざまな描画手法がサポートされる。

デジタルインクソリューションを世界中のより多くの人々にもたらすことを目標に、Huionは創造的なプロフェッショナルと初心者に、より良い製品を提供するよう常に全力で取り組んでいる。

Huion製品の詳細については、www.huion.com を参照。

ソース:Huion

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=397479
(写真説明:Kamvas Pro 24(4K))

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=397481
(写真説明:Kamvas 24 & Kamvas 24 Plus)

 



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202107308358
提供: