和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月20日(月)

酸味抑え適度な甘み ジャバラ飲料の新商品発売

「じゃばらいず北山」が新しく開発したジャバラ果汁入り飲料「じゃばらのんでたもれ」(和歌山県北山村下尾井で)
「じゃばらいず北山」が新しく開発したジャバラ果汁入り飲料「じゃばらのんでたもれ」(和歌山県北山村下尾井で)
 和歌山県北山村から特産かんきつ「ジャバラ」の事業を引き継いだ村出資の株式会社「じゃばらいず北山」(北山村下尾井)は、新商品として果汁入り飲料「じゃばらのんでたもれ」を開発した。インターネット(https://kitayama-jabara.jp/)を中心に販売している。


 ジャバラはさっぱりとした甘酸っぱさや爽やかな香りが特徴。初めてジャバラを口にする人でも飲みやすいよう、新商品では果汁の配合を工夫して、酸味を抑えた適度な甘みに仕上げた。

 商品名の「のんでたもれ」は、北山村の方言で「飲んでみて」を意味する。皮ごとまるごと搾った生果汁を使用しており、花粉症の抑制に効果があるとされる成分「ナリルチン」のほか、ビタミンやクエン酸なども豊富に含まれているという。

 1本160ミリリットル入りで、20本のセットで販売している。価格は税込み3240円。同社の担当者は「ほどよい酸味や風味など、ジャバラの良さを詰め込んだ商品。贈答用としても人気があり、クエン酸が含まれているので夏バテ予防にもお薦め」と話している。

 同社では、「じゃばらのんでたもれ」など計10本を詰め合わせた「じゃばらドリンク初めてセット」(税込み3700円)や、家庭でも手軽に調理ができる「じゃばらジャム手作りキット」(同2376円)などもインターネット通販で販売している。

 問い合わせは、じゃばらいず北山(0120・928・933)へ。