和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年07月31日(土)

Zepp Tokyo、来年元日に営業終了へ 約23年で1300万人が来場した旗艦店

2022年1月1日に営業を終了するZepp Tokyo
2022年1月1日に営業を終了するZepp Tokyo
 東京・青海のライブハウス・Zepp Tokyoが、2022年1月1日をもって営業を終了することが21日、明らかになった。臨海副都心パレット協議会が発表した。1999年3月の開業から約23年の歴史に幕を下ろす。

【写真】シンボルでもあるパレットタウン大観覧車も営業を終了

 Zepp Tokyoが入居する複合施設「パレットタウン」区域の開発事業の一部進捗に伴い、今年12月から順次、「VenusFort」「パレットタウン大観覧車」など各施設を閉館/営業終了するもので、Zepp Tokyoは来年1月1日に営業終了することが発表された。

 Zepp Tokyoは、現在国内9ヶ所、海外にも展開するZeppネットワークの旗艦店。98年4月のZepp Sapporo、同年11月のZepp Osaka(閉館)に続く3店舗目としてお台場にオープンし、収容人数はスタンディング時で2709人の大型ライブハウス。約23年で約6000もの催事を開催し、これまでに累計1300万人が来場している。

 公式サイトでは「Thanks & So Long! 1999-2022 23年間ありがとうございます!!」「実質的最終営業月になる12月は“Thanks & So Long!”月間とし、何度も舞台に立って頂いたアーティスト様を中心に今後も全国のZeppでパフォーマンスを行って頂きたいアーティストの皆さまにご出演頂き、”思い出を”、”夢を”奏でながら感謝、そして笑顔で最終営業日を迎える所存でございます」と伝えている。

HYDE、20周年Zepp Tokyoで最多100回目公演
KT Zepp Yokohama、ライブホール営業開始
羽田空港跡地にZeppオープンへ 最大級3000人規模、都内3館目
Zepp Fukuokaが12・7に2年半ぶり復活 こけら落とし公演はSMA大集結
「Zepp」アジア各地でライブホール展開へ クールジャパン機構の出資も決定
提供:oricon news