和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月22日(水)

会館建設のクラスター33人に 和歌山県、新規感染は8人 

 和歌山県は2日、県内で8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラスター(感染者集団)に認定されている和歌山市の新市民会館「和歌山城ホール建設関係」では感染者が3人増。県内最多を更新し33人のクラスターとなった。また、入院治療中だった岩出保健所管内在住の80代男性が同日、死亡した。

 県内で新たに感染を確認した8人は和歌山市在住。このうち、20代会社員男性と40代会社員男性は和歌山城ホールの建設関係者。接触者としての検査で一度陰性になったが、再検査した。これと別に県外でも関係者1人の感染が確認されたため、クラスターに3人追加した。

 クラスター関係以外で、幼児から40代の男女4人は、感染者の同居家族。30代無職男性と20代自営業男性は感染経路が分かっていないという。