和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月19日(火)

新たに28人感染、1人死亡 新型コロナで和歌山県

 和歌山県は13日、県内で新たに28人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、和歌山市の90代男性が同日、死亡した。死亡者は35人になった。

 保健所管内別の新規感染者は和歌山市12人、岩出9人、海南と橋本が各3人、県外が1人。

 すでにクラスター(感染者集団)に認定されている和歌山市加太のグループホームでは、兵庫県から応援に来ていた30代職員男性の感染が分かり、クラスターは20人になった。

 和歌山市の病院では、20~30代の看護師女性3人の感染が分かった。3人とも、同市加太のグループホームから別の疾患で入院した入居者と接触した。入院時の検査では陰性を確認したが、市が関連を調べている。

 感染者の累計は2442人。このうち新たに16人が変異株によるものと判明し、変異株感染者は586人になった。