和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月17日(木)

LTIの2021年度の米ドル建て売上高は前年比9.5%増で、純利益は前年比27.5%増、2021年度第4四半期の米ドル建て売上高は前四半期比9.1%増

AsiaNet 89360 (0984)

【ムンバイ(インド)2021年5月5日PR Newswire=共同通信JBN】グローバルテクノロジーコンサルティングおよびデジタルソリューション企業のLarsen & Toubro Infotech(BSE: 540005)(NSE: LTI)が5日、2021年度第4四半期決算と2021年度通年決算を発表。

▽2021年度第4四半期決算
米ドル建て
*売上高は4億4740万米ドル;前四半期比4.6%増、前年比9.1%増
*恒常為替レート売上高は前四半期比4.4%増、前年比7.1%増

インドルピー建て
*売上高は326億9400万インドルピー;前四半期比3.7%増、前年比8.5%増
*純利益は54億5700万インドルピー;前四半期比5.1%増、前年比27.6%増

▽2021年度通年決算
米ドル建て
*売上高は16億7010万米ドル;前年比9.5%増
*恒常為替レート売上高は前年比8.8%増

インドルピー建て
*売上高は1236億9800万インドルピー;前年比13.7%増
*純利益は193億8200万インドルピー;前年比27.5%増

投資利益
*最終配当は1株当たり25インドルピー;通年の配当性向は36.1%
*通年の株主資本利益率(ROE)は30.5%

LTIのSanjay Jalona最高経営責任者(CEO)兼マネジングディレクターは以下のように語った。
「力強い第4四半期に支えられ、2021年度は市場をリードする成長のさらなる1年だった。通年の売上高成長率は9.5%、純利益成長率は27.5%だった。第4四半期には、純新規契約総額(TCV)6600万米ドルの2件の大規模取引を獲得し、2021年度の記録的な大規模取引TCVを実現した」

「当社の優れた実績は、最も困難な時期の1つにクライアントへのサービス提供を確保すべく共に立ち上がった3万5000人以上のLTIチームのたゆまぬ努力の結果である。当社は22年度も引き続き成長にコミットする中で、事業の長所への投資を継続する」

▽成功した最近の契約
*LTIは、大手Fortune500保険会社向けコア保険プラットフォームを管理するためのベンダー統合契約の長期戦略パートナーに選ばれた。これは、北米の損害保険分野の複数のコア領域にわたるベンダー統合といくつかの近代化プログラムを含むユニークな取引である。

*大手地域銀行である「a new logo」は、Temenosの実装を含む勘定系銀行変革プログラムにLTIを選択した。LTIはプログラムの一環としてリードシステムインテグレーターとなり、Temenos T24プラットフォームを使って同行の既存の貸付プラットフォームを置き換え、レガシーシステムからのデータ移行を処理する。このプログラムの実装により、銀行は総所有コストを削減しながら新しい貸付商品を導入し、複雑さを軽減し、増大する顧客ベースに迅速かつ効率的にサービスを提供できるようになる。事前設定されたローカル機能を備えたこの変革により、銀行は比較的短期間に規制要件に対応し、労力を削減することができる。

*LTIは、米国を拠点とする重機製造複合企業により、総所有コストの削減と優れた運用を可能にする部品事業のアプリケーションマネジドサービス契約に選ばれた。

*北米の損害保険会社がLTIと提携し、既存のオンプレミスのレガシーコアシステムをSaaSベースのDuck Creekソリューションに置き換えた。この取り組みにより、クライアントのデジタルトランスフォーメーションが加速し、顧客エクスペリエンスとサポートが向上する。また、運用コストを最適化し、他の地域へのサービスの迅速な拡大を可能にする。

*Global Fortune 500社の多国籍製薬会社は、財務機能を変革するためのアドバイザリーパートナーとしてLTIを選択した。LTIは、グローバルな事業運営のための効果的なデータ監視および調整プロセスを実装することにより、データの一貫性などのビジネス目標を達成する上で重要な役割を果たす。

*ドイツを拠点とする多国籍エンジニアリング複合企業は、同社のエネルギー事業会社におけるSAP HANA Data LakeのSnowflakeへの移行プロジェクトにLTIを選択し、データ分析のスケーリングと管理による大幅なコスト削減と、より迅速な意思決定という形での効率の向上を保証した。

*Global Fortune 500社のエネルギー流通会社は、買収した組織の1つに対するSAP Customer Information System実装のサポートにLTIを選択した。このプログラムの目的は、メーターから現金へのプロセスをデジタル化し、顧客サービスの自動化を実現し、運用効率とコスト削減をもたらすことである。

*北米に拠点を置く大手の損害保険ソフトウエア・データ分析プロバイダーは、レガシーのエンタープライズデータウエアハウスプラットフォームからSnowflakeのデータクラウドに段階的に移行し、コストの削減、プロセスの合理化、効率の向上、および競争上の優位性を確保するのにLTIを選択した。

*LTIは、北米の特殊コンクリート・建設製品の大手販売業者のコストを削減し、効率を高めるためのインフラストラクチャーサポートおよびネットワーク運用サービスを提供するために選択された。

*Global Fortune 500社のエンターテインメント・メディア企業は、LTIを選択し、Snowflakeを使用したデジタルメディアサプライチェーンアプリケーションのグローバルリポーティングプラットフォームを構築し、企業全体の複雑な供給、生産、配信ワークフローの可視性を高めた。

*英国の大手金融サービスプロバイダーの国際支店は、勘定系システムの近代化と変革プログラムのリードシステムインテグレーターにLTIを任命した。これにより、Cloud with Temenos SaaSの容量と安定性を活用し、顧客エクスペリエンスを向上させ、コストを削減し、新製品をより迅速に市場に投入し、効率的に拡張できるようになる。

▽受賞と表彰
*LTIはEverest GroupのPEAK Matrix Service Provider of the YearTM Awardsで「IT Services Challenger 2021」リストの首位に選ばれた。LTIはまた、ITサービスの全体的なPEAK Matrix(R)ランキングで、昨年の16位から11位に上昇した。これはプレーヤーの中で最大の上昇幅である。LTIはBanking and Financial Services PEAK Matrix(R) Assessmentsで今年のスターパーフォーマーでもある

*LTI LeniとLTI Mosaicは、Forrester Tech Tide(TM): Enterprise Business Insights & Analytics, Q1 2021で表彰された

*LTIはISG Provider Lens(TM)Intelligent Automation - Solutions and Services in AIOps for Midmarket - US 2020でリーダーに選ばれた

*LTIは、AvasantのIoT Services RadarView(TM)Report 2021でイノベーターに選ばれた

▽その他のビジネスハイライト
*2021年5月4日に開催された取締役会は、2020-21会計年度の1株当たり25インドルピー(額面価格1インドルピー)の最終配当を勧告した。21年度の配当総額は、2020年10月に宣言された1株当たり15インドルピーの中間配当を含め、1株当たり40インドルピーである

*LTIはAnil Rander氏を最高財務責任者(CFO)に任命した。同氏は、業績と成長の推進において27年以上の多面的な経験を有する、経験豊富な財務リーダーである。同氏はTech Mahindra Ltd.からLTIに入社し、BPSのグローバル財務責任者を務めた。また、財務・法務担当上級副社長として、Tech Mahindra Business Services Ltd.の財務、法務、設備、およびリスク管理機能を主導した。

*LTIとAWSはStrategic Partnership to Accelerate Enterprise Cloud Adoption(企業のクラウド導入を加速する戦略提携)契約を結び、Migration、Modernization、SAP、IoT、Data-on-Cloud向け共同サービス提供を拡大した

*LTIはMicrosoft Azure Expert Managed Services Providerに承認された。この権威あるプログラムは、マイクロソフトによるグローバルなイニシアチブであり、主要パートナーはデータとクラウドの能力に関する実際の習熟度とスキルを証明することにより差別化できるようにする。

*英国のLTIは、人事慣行の卓越性を表彰する世界的な権威であるTop Employers InstituteによりTop Employer 2021認定を受けた

▽LTIについて
LTI(NSE:LTI)は、グローバルなテクノロジーコンサルティング・デジタルソリューション企業で、400を超えるクライアントが収束する世界で成功する手助けをしている。31カ国で事業を展開している当社は、モバイル、ソーシャル、アナリティクス、IoT、クラウドの各ジャーニーを可能にするLTIのMosaicプラットフォームを活用してさらなる努力を重ね、クライアントのデジタル変革を加速している。Larsen & Toubro Limitedの子会社として1997年に設立された当社には、あらゆる業界の企業の極めて複雑な課題を解決するための比類のない現実世界の専門知識というユニークな遺産がある。3万4000人以上のLTIチームは日々、クライアントが業務とテクノロジー運用の有効性を向上させ、顧客、従業員、株主に価値を届けることができるようにしている。詳細については、http://www.Lntinfotech.com を参照するか、@LTI_Global で当社のフォローを。

▽決算報告カンファレンスコールとウェブキャスト
2021年5月5日(午後5時30分インド標準時(IST))

予定時間内に接続できるよう、カンファレンススケジュールの少なくとも5-10分前に以下の番号に電話すること。

Universal Access Number
+91 22 6280 1104
+91 22 7115 8005

International Toll Number
米国: 13233868721
英国: 442034785524
シンガポール: 6531575746
香港: 85230186877

▽カンファレンスコールのリプレー
カンファレンスコール終了時刻の1時間後から2021年5月9日まで利用可能
Playback Code: 70765
Dial-in Number:
India +91 22 7194 5757
+91 22 6663 5757
USA Toll Free 18332898317
UK Toll Free 8007563427
Singapore Toll Free 001012510
Hong Kong Toll Free 800965553

▽オーディオ・ウェブキャスト
カンファレンスコールの音声は、ウェブキャストを通じてオンラインで利用でき、以下のリンクからアクセスできる: https://links.ccwebcast.com/?EventId=LT210505

DiamondPass(TM)はここをクリック(https://services.choruscall.in/DiamondPassRegistration/register?confirmationNumber=4730021&linkSecurityString=fb21571dc

DiamondPass(TM)は、オペレーターを待たずにカンファレンスコールに接続できるプレミアムサービスである。DiamondPass(TM)をお持ちの場合は、上記のリンクをクリックしてPINを関連付け、このカンファレンスのアクセスの詳細を受け取る。DiamondPass(TM)をお持ちでない場合は、リンクから登録すればこのカンファレンス用のDiamondPass(TM)を受け取れる。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1044154/LTI_Logo.jpg

ソース:LTI



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202105054517
提供: