和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月09日(日)

5・30『RIZIN.29』でキックトーナメント 提唱者の皇治「俺が中心。それを証明したい」

 『RIZIN.29』(5月30日開催 丸善インテックアリーナ大阪)の記者会見が4月30日、都内で行われ、61キロ級のキックボクシングルール・ワンナイトトーナメント(3分3R・延長無し)を開催することが発表された。

 出場選手は、皇治、白鳥大珠、高橋亮、梅野源治の4人。トーナメント準決勝の組み合わせは、この日の抽選により、皇治vs梅野源治、白鳥大珠vs高橋亮となった。決勝戦は同日のメインイベントとして行われる。

 同トーナメントの開催を希望していた皇治は「トーナメントが開催されてうれしいです」と喜びながら「俺が中心で、この子たちは俺の脇役。それを証明したい」と3人をチラリと見て、いつもの“皇治節”で牽制した。

 一番くじを引き、対戦相手に皇治を指名した梅野は「すごく尊敬して原動力、行動力を持っているので選ばしてもらいました。決勝は、白鳥選手に勝ち上がってもらって、しっかりリベンジしたい」と言葉に力を込めた。

 RIZINの榊原信行CEOは、開催の経緯について「大阪大会で皇治選手から『トーナメントをやってくれ』と言われた」と説明し「RIZINの舞台は総合格闘技を主体とした舞台で、キックの選手にジレンマはあると思う。ファンの熱が強くなれば、女子の試合が増えたように、キックの試合も増えて行く。エキシビションも含め、守備範囲は広い。ファンのハートをわしづかみにしてほしい」と期待を寄せていた。

【写真】皇治のプライベート&ファイティングポーズ
RIZINアンバサダー・くるみ、コスチュームでグラビア挑戦 MMA教わる動画も公開
“炎上系YouTuber”シバター、大みそか『RIZIN』参戦決定! ヒカル&ラファエル&てんちむと入場
【RIZIN×ORICON】大みそかファイターの魅力に迫る![Vol.1]朝倉海
【RIZIN×ORICON】大みそかを盛り上げるファイターの魅力に迫る! [Vol.2]堀口恭司
提供:oricon news