和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月09日(日)

ナスやトマト、キュウリにピーマン 南部高農場で野菜苗販売

南部高校農場で始まっている野菜苗の販売(12日、和歌山県みなべ町芝で)
南部高校農場で始まっている野菜苗の販売(12日、和歌山県みなべ町芝で)
 和歌山県みなべ町芝の南部高校は、同校農場で野菜苗の販売をしている。30日までだが、なくなり次第終了する。

 時間は平日の午後3時45分~4時45分。販売品目はナス、トマト、キュウリ、ピーマン、シシトウ、ゴーヤー、オクラ、カボチャ。

 農場によると、初日の10日は200人ほどが訪れたといい、12日も30分以上前から待つ人もいた。売り上げは、生徒の学習のための種や資材などの購入に充てるという。あと1週間ほどで、ミムラスやサルビア、マリーゴールドなど花苗の販売も始める予定にしている。

 新型コロナウイルス感染予防対策として、検温や消毒の他、1回に売り場に入る人数を調整するなどしている。予約販売も受け付けている。

 問い合わせは、南部高校農場(0739・72・3929)へ。