和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月14日(水)

ジップロックどう使う? 100個のアイデアを公開

渋谷駅(田園都市線渋谷駅B1F)に展開された広告
渋谷駅(田園都市線渋谷駅B1F)に展開された広告
 食材の保存や小物の整理など、便利に活用できるジップロック。SNSでもさまざまな活用法が話題を集めている。そんななか、発売元である旭化成ホームプロダクツは4月5日より、ジップロックを活用したアイデアを100個集めた企画『2021年の春は一度きりだから。 HELLO! IDEA100展』を開催。11日までの1週間、渋谷駅にて広告を展開している。

【画像】「こんなものまで入れちゃうの⁉」意外に使える! ジップロックのアイデア集

 ジップロックは2020年10月、ジッパーバッグをリニューアルした際に、ブランドイメージを「HELLO! IDEA」へと一新。無限大のアイデアを発信し、暮らしをサポートすることをコンセプトとしている。コロナ禍でライフスタイルが大きく変わっていくなかで、こんなときでも人生を楽しもうというメッセージが込められているという。

 同企画では、コロナ禍ならではの「おうち時間」を楽しくするアイデアや、リモートワークを手助けするアイデアなど、厳選された100個の事例をポップなイラストで表現している。広告は、田園都市線の渋谷駅地下1階、A0、A1出口付近のハッピーボードにて展示されている。

【写真】ふっくらお腹で第3子妊娠を報告したこんまり
【写真】『2021年旭化成グループキャンペーンモデル』に22歳・橘遥菜 起用継続に「とても光栄」
【写真】ビフォーアフターにすっきり!収納サービス活用術フォトギャラリー
【写真】8割以上が女性、11万人に支持されるYouTubeチャンネル「ゴミ屋敷」片付け動画
【画像】「汚部屋そだちの東大生」、片づけられない“毒ママ”を捨てるまで20年の日々
提供:oricon news