和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年03月07日(日)

東京薬科大学が工学院大学附属中学校・高等学校と高大接続教育に向け『高大連携協定』を締結 -- 医療、環境、工学分野での優秀な人材育成へ



東京薬科大学(学長:平塚 明)と工学院大学附属中学校・高等学校(校長:平方 邦行)は、高大接続教育の観点から、連携強化を図ることを目的に2月16日(火)に高大連携協定を締結しました。




 このたびの連携協定は、工学院大学附属中学校・高等学校が掲げる「変容するグローバル社会で活躍できる人材の育成人材」「大学キャンパスを活用した中高教育の実施」および「理数教育の充実」といった事業計画について、東京薬科大学が薬学・生命科学といった学問分野で積極的に支援することで、特に医療、環境、工学に携わる優秀な人材の育成と若者たちの将来の夢実現に向けて、より強固な協力体制を構築していくことを目的としています。


 具体的には
1. 大学で実施される講義、実習や各種講座への中高生の参加
2. 中学高等学校での出張講義や進学相談の実施
3. 中高生への学術論文制作の指導
4. 教職課程を持つ大学生の中学高等学校における教育実習支援
5. 中学高等学校の教員に向けた学位取得支援
 等 を実施する計画です。


 4月以降には、工学院大学附属高等学校のサイエンスコース生徒を中心に、薬学コース、生命科学コースに分かれた特別プログラムを実施する予定です。生徒の興味関心に沿った探求型のプログラムとなっており、両校にとって理数教育発展の起点となっていくことが期待されます。

▼本件に関する問い合わせ先
総務部 広報課
住所:東京都八王子市堀之内1432-1
TEL:0426766711
FAX:042-676-1633
メール:kouhouka@toyaku.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/45361
提供: