AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

熊野古道に白い花 春を告げるバイカオウレン

 和歌山県田辺市本宮町の熊野古道沿いでバイカオウレン(梅花黄連)が清らかな白い花を咲かせ、古道歩きをする人たちを楽しませている。

 山地に生えるキンポウゲ科の常緑多年草。高さ5センチ程度の茎に、梅の花に似た直径約1・5センチの白い花を咲かせる。

 地元の写真愛好者によると、半月前から古道沿いでバイカオウレンの花が咲き始めたのを確認。暖冬の影響か、例年よりも少し早いという。


写真【古道沿いで、清らかな花を咲かせているバイカオウレン(和歌山県田辺市本宮町で)】

更新)