AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「よみがえる過程見て」 熊野古道女子部が合宿動画公開

 「よみがえりの聖地」と呼ばれる熊野は、女性たちをどう変えるのか―。熊野ファンの女性が集う「熊野古道女子部」(山田奈緒子部長)が、和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社までの熊野古道約38キロを踏破した「初合宿」の模様を、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。女子部事務局長の作家・高森玲子さん(48)=東京都=は「メンバーがよみがえっていく過程を見てほしい」と話している。

 熊野古道女子部は熊野古道を楽しく歩きながら魅力を広く発信しようという会で、昨年5月に発足。部員は現在約50人。

 昨年12月には選抜メンバー6人が「熊野古道を本気で歩いて、人生をよみがえらせる!」をテーマに、同市中辺路町栗栖川の滝尻王子から熊野本宮大社までの熊野古道を2日間で歩いた。

 今月中旬から本編の公開を始めた動画のタイトルは「人生がよみがえる!?熊野古道女子部ガチ合宿」。予告編に加え、22日現在10話(1話5分程度)まで公開している。

 「彼氏がいないなあ」「もうちょっと健康になりたい」「おかげさまで、楽しい毎日を送っている」

 さまざまな思いを抱えて合宿に臨んだメンバーたちだが、初日、いきなりルートや名所「胎内くぐり」の場所を間違えるというハプニングが発生。その後も「試練」を乗り越え、地域住民とも触れ合いながら、熊野本宮大社に向けて歩みを進める様子をユーモアたっぷりに紹介している。

 動画は、同市龍神村小家の映像製作「扇松屋龍神」(中島英介代表)が撮影・編集。3月末を目標に完成させる予定。製作費用は、熊野古道女子部が地元企業などに協力を募って賄ったという。

 熊野古道女子部ではフェイスブック(https://www.facebook.com/kumanogirl/)で最新情報を紹介している。


写真【動画投稿サイトで公開している熊野古道女子部の動画】

更新)