AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

田辺が男女で優勝 県高校ホッケー新人大会

 県高校ホッケー新人大会(県高体連主催)がこのほど、日高町のマツゲンスポーツグラウンドであり、田辺が男女で優勝した。男子は6年ぶり6回目、女子は14年ぶり19回目。

 男子は田辺と紀央館の2校が出場し、3試合の総合成績を競った。田辺は7―0、3―0、5―0で3勝し、優勝を決めた。

 田辺男子の鈴木健斗主将(2年)は「きれいに得点を決めるなど、練習で意識していたことが試合で出せた。ラストパスの精度や決定力をもっと上げていきたい」と話す。

 女子は田辺、紀央館、県和商の3校が出場。総当たり戦で順位を決めた。

 田辺は県和商に4―0で勝ち、紀央館に0―0で引き分けた。田辺と紀央館は1勝1分で並んだが、得失点差で田辺が上回り、優勝が決まった。

 田辺女子の松場加菜主将(2年)は「紀央館戦を勝ち切って優勝したかったので悔しい。得点力が課題。パスももっとつながるように練習から声を出していきたい」と話した。

 次の大きな大会は夏の県総体。田辺は男女そろって優勝し、インターハイ出場を目指している。


写真【県新人大会で優勝した田辺男子(上)と田辺女子】

更新)