AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「8位入賞目指す」 印南町で市町村対抗ジュニア駅伝の壮行会

 印南町と町教育委員会は5日、和歌山市で17日にある第18回県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会の壮行会を同町印南の町公民館で開いた。

 チームからは森本博晃監督(45)やコーチと、選手の小学生男女各6人、中学生男子8人、同女子7人が出席。日裏勝己町長は「走った人にしか分からない感動がある。思う存分力を出して諦めずに走ってほしい」と激励。団長を務める平尾潔司教育長は、保護者らの協力に感謝を述べて「これまでしんどい練習をしてきた。自信を持ってほしい。すべての力が出せるように応援したい」と話した。

 選手を代表して日裏町長からたすきを受け取った印南中学校3年の松本虎和君(15)は「日頃の練習の成果を出して8位以内を目指して頑張ります」と述べた。

 JA紀州印南支店の勢力輝二支店長(51)から、選手団にタオルや梅干しが贈られた。

 森本監督によると、例年ならこの時期には、どの選手が何区を走るかだいたい決まっているが、今年は全員のレベルが高くて決めかねている状態。8位入賞を目指し、同町チームの過去の最高タイム(1時間13分13秒)より速く走って新記録賞を狙いたいという。

 選手団は次の皆さん。

〔小学生〕

 男子=平井雄琉(印南5年)、山下勇翔(同)、竹谷一毅(印南6年)、榊原蒼馬(同)、玄素拓磨(同)、井田大貴(清流6年)▽女子=谷口陽菜(清流5年)、松本羽礼(印南6年)、内田莉咲(同)、中詩菜(稲原6年)、丸木かのん(同)、沼野希泉(清流6年)

〔中学生〕

 男子=林凜人(印南1年)、辻本正晴(切目1年)、前田晴輝(印南2年)、平井啓太郎(田辺2年)、松本虎和(印南3年)、東紋秀(同)、丸木聖悟(稲原3年)、稲田海音(切目3年)▽女子=平野倫視(稲原1年)、松本幸那美(稲原2年)、谷口千桃(切目2年)、片山有咲(同)、川上彩(同)、佐々木優(切目3年)、高芝日和(同)


写真【記念撮影をする小中学生ら(5日、印南町印南で)】

更新)