AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

上富田FC準優勝、関西へ 少年サッカーのチビリンピック県大会

 「JA全農杯全国小学生選抜サッカーin関西(チビリンピック)」の県大会が3日、橋本市総合運動公園であり、上富田FC(上富田町)が準優勝した。上富田FCは3月9、10日に京都府である関西大会に出場する。

 県大会は関西サッカー協会と県サッカー協会が主催し、県内8ブロックの予選を勝ち抜いた小学5年生以下の8チームがトーナメントで競った。試合は1ピリオド12分の3ピリオド制。1ピリオドと2ピリオドで1チーム8人の選手を総入れ替えして戦った。

 西牟婁ブロック代表の上富田FCは1回戦でアルテリーヴォ湯浅(日高代表)に9―3で快勝。準決勝はFCバレンティア(海南海草代表)に1―1からのPK戦を3―1で制し、上位2チームに与えられる関西大会の出場権を手にした。決勝はスポーツクラブ和歌山ヴィーヴォ(和歌山市北代表)に2―5で敗れた。

 上富田FCの立岩大二郎監督は「全試合を通して選手たちはよく走れていたし、声も掛け合いながら頑張れていた。関西大会では県の代表として気持ちの入った良いゲームができるよう全員で頑張る」と話している。

 上富田FCのメンバーは次の皆さん。全員小学5年生。

 宇井栄絢、桐本瑛太、谷川大輔、佐藤玲音、山本一翔、加藤慶治、永井連太郎、濱田唯斗、吉田昊臥、中村亮太、野村尚馬、木下凱斗、土山陽大、濱中恒、日向紫己、神前陽生、保富瑛大、鉛口遥都、澤田宗右、大西悠賀


写真【県大会で準優勝し関西大会へ出場する上富田FC】

更新)