AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

南部男子3位、強豪に善戦 梅の里小学生バレー・6年生以下大会

 第15回梅の里小学生バレーボール6年生以下大会(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が3日、みなべ町谷口の上南部小学校など町内の会場であり、男子・混合の部で地元の南部男子が強豪チームを相手に善戦し、3位に入った。

 6年生の最後を飾る大会で、昨年夏の全国大会優勝や準優勝といった強豪チームも参加した。39チームがグループに分かれて予選リーグをした後、その結果から上位と下位でそれぞれトーナメントをして順位を決めた。

 南部男子は予選リーグを1位で通過。トーナメント初戦は嵯峨野VBC(京都)に2(21―19、21―13)0、準決勝は昨年夏の全国大会で混合の部優勝の比叡平(滋賀)を相手に、3セット目まで持ち込む展開となったが、1(20―21、21―18、8―15)2で惜しくも敗れた。

 南部男子主将の堺目啓治君は「3位は少し残念だけど、みんなでボールをつなげたのがよかった。自分はスパイクでブロックアウトを取れたのがよかった」と振り返った。生駒明広監督は「日本一になった比叡平と互角の試合ができた。気持ちを前面に出し、粘り強くレシーブでつなぎ、ブロック、スパイクと頑張った」と子どもたちの健闘を喜んだ。

 南部女子は女子決勝トーナメントで、初戦、葛城(奈良)に0(11―21、13―21)2で敗れた。各部の1〜3位は、男子・混合の部=(1)比叡平(2)片桐VBC(奈良)(3)南部、天理エンジェルス(奈良)▽女子の部=(1)岡崎JVC(愛知)(2)茨木JVC(大阪)(3)豊中千成(大阪)、葛城(奈良)

 南部男子のメンバーは次の皆さん。

 堺目啓治、山本祐希、政井一槻、山根史也、中本亮太朗、久保恭平、武田翔太、山本史哉


写真【上位トーナメント男子・混合3位の南部】

更新)