AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

13高校が交流戦 上富田でサッカーフェス

 田辺市サッカー協会主催の「第40回田辺サッカーフェスティバル」が昨年12月末、上富田町朝来の上富田スポーツセンターなどであった。県内外の13高校が参加し、試合を通じて交流を深めた。

 フェスティバルは「県外で盛んなサッカーイベントを田辺地方でも」と、1978年から始まった。高校サッカー部指導者とつながりのある県外のチームを温暖な紀南に招き、レベル向上や交流のために続けている。

 今回は大阪府から西成、旭、東住吉総合、英真学園、汎愛、奈良県から生駒、京都府から堀川の各高校が参加。和歌山県からは田辺、神島、田辺工業、日高、串本古座、新宮の各高校が参加した。

 試合は30分ハーフ。上富田スポーツセンターのほか、神島高校(田辺市)と日高高校(御坊市)のグラウンドであった。12月28、29日に予選リーグ、30日に予選上位の4チームで決勝トーナメントをした。決勝戦は生駒が串本古座に2―1で勝って優勝した。3位決定戦は田辺と田辺工業が対戦し、2―2からのPK戦を田辺が1―0で制した。

 県外のチームは田辺地方の宿泊施設を利用した。上富田町内の飲食業者らが協力した「スポーツセンター弁当」は3日間で計400食を提供した。


写真【県内外の高校が交流戦をした田辺サッカーフェスティバル(上富田町朝来で)】

更新)