AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「NANA」が必勝祈願 女子硬式野球

 田辺市の女子硬式野球クラブチーム「和歌山ファイティングバーズNANA」は6日、同市東陽の闘鶏神社で今シーズンの必勝を祈願した。今年のスローガンは「挑戦」。川保麻弥監督(34)は「選手それぞれが目標に向かって挑戦したい」と決意を誓った。

 川保監督や選手9人のほか、今春入部予定の小学6年生、森脇章夫代表らチーム関係者が参加。拝殿でおはらいを受け、玉串をささげ、今年の飛躍や必勝、けがなくシーズンを過ごせるよう祈願した。

 NANAは県内初の女子硬式野球チームとして2017年2月に結成。全日本女子硬式野球連盟に所属しており、現在、県内外在住の中学生から41歳までの24人が入部している。昨年は夏と秋の2回、近畿予選を突破して全国大会に出場し、夏は初戦で、秋は2回戦で敗退した。

 今年はチーム名を変え、26日に始動する。中学生チームの結成も計画しており、「挑戦」をスローガンに掲げる。川保監督は「チームだけでなく、選手個人も挑戦。エラーをなくすことが第一だが、それぞれが目標を持って前に進んでいくことができればと思う」、主将の藤本奈穂さん(20)は「まずは全国大会出場が目標。そして昨年以上の結果を残せるように頑張りたい」と抱負を語った。

 今春に入部予定の小学6年生は次の皆さん。

 堀みずほ(朝来小)、道浦菜乃(同)、森川りな(岩代小)、岡田未来(御坊小)


写真【闘鶏神社で今年の必勝を祈願した和歌山ファイティングバーズNANAのメンバー(田辺市東陽で)】

更新)