AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

川上・山崎組が優勝 小学生軟式テニス・女子4年生以下の部

 第18回全日本小学生ソフトテニス選手権大会の県予選会(県ソフトテニス連盟主催)がこのほど、白浜町日置の町テニスコートであり、田辺ジュニアソフトテニスクラブ(田辺市)の川上結己さん(三栖小4年)が印南ジュニアソフトテニスクラブ(印南町)の山崎琴莉さん(印南小4年)とペアを組み、女子4年生以下の部で優勝した。

 男女別で、5年生の部と4年生以下の部はダブルス戦で、6年生の部はシングルス戦があった。ダブルス各部上位4組、シングルス各部上位2人が全日本大会(3月29〜31日、千葉県白子町)に県代表として出場する。

 女子4年生以下の部(41組出場)で優勝した川上さんは「うれしい。全日本では1試合でも多く勝ちたい」と抱負を語った。

 田辺ジュニアからはほかに、男子5年生の部(23組)に出場した平阪優月君(日置小)が印南ジュニアの丸田祐大君(印南小)と組んで4位だった。平阪君は「4位は悔しい。全日本では優勝したい」と雪辱を誓った。


写真【左から丸田祐大・平阪優月組、山崎琴莉・川上結己組】

更新)