AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

夢はプロ野球選手 印南小の中元君、阪神ジュニアメンバーに

 NPB12球団ジュニアトーナメント2018(日本野球機構とプロ野球12球団の主催、27〜29日、札幌ドーム)に出場する「阪神タイガースジュニアチーム」の選手に、印南町の印南小学校6年、中元煌翔君(12)が選ばれ、チーム悲願の優勝に向けて練習に励んでいる。チームの指導者や各地から集まった仲間に刺激を受けており、中元君は「チームに貢献したい。将来はプロ野球選手になりたい」と目標を掲げている。

 子どもたちがプロ野球への夢をより身近に持てるようにという目的で開くジュニアトーナメント。5、6年生のメンバーで12球団のジュニアチームを編成する。4グループに分かれて27、28日に予選リーグ、29日に4チームによる決勝トーナメントをする。タイガースジュニアは28日に東北楽天ジュニア、オリックスジュニアと対戦する。

 タイガースジュニアチーム(八木裕監督)は、約360人の応募者からテストで16人のメンバーを選んだ。県内からはほかに、有田川町と岩出市の小学生が選ばれた。

 中元君は162センチ、56キロ。右投げ・右打ちで、投手、内野手。小学3年から野球を始め、地元、印南黒潮少年野球クラブのエース。今回、自分の力を試したいと応募した。遠投や50メートル走など基礎的な内容から実戦形式まで、8月に3日間にわたるテストを受けメンバーに残った。「調子が良く、十分力が出せた。選ばれてうれしかった」という。その後、チームの合宿や練習試合に参加し、ジュニアトーナメントに備えている。

 背番号は17。印南黒潮でレギュラーとして試合に出始めた時につけた番号で、その時の気持ちに立ち返るという意味も込めて、自分で選んだ。

 父の豊さん(39)は「今回選ばれて、チームに参加するようになって、あいさつなどいろいろと変わった。印南黒潮のチームや地域の人の支えのおかげということも感じたと思う。本番の試合出場の有無にかかわらず、今後、野球をする上で大きな糧になっていると思う」と喜ぶ。

 中元君は「試合に出たい。すべてにおいてチームに貢献し、優勝を目指したい」と抱負を話した。


写真【阪神タイガースジュニアチームのメンバーに選ばれた中元煌翔君(印南町で)】

更新)