AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

2組が7位入賞 全国高校総体・カヌースプリント

 全国高校総体のカヌースプリント競技が3〜6日、岐阜県海津市の長良川国際レガッタコースであり、男子カヤックペア(K―2)の200メートルでいずれも神島3年の高垣拓都君と森歩夢君の組が7位、女子K―2の200メートルで田辺2年の山本妙湖さんと同1年の尾崎由依さんの組が7位に入賞した。

 座ってこぐ男女のカヤック(K)と、片膝を立ててこぐ男子のカナディアン(C)があり、それぞれシングル(1人乗り)、ペア(2人乗り)、フォア(4人乗り)の各部門で競った。コースは500メートルと200メートル。

 男子K―2の200メートルで高垣・森組は予選と準決勝を勝ち上がり、決勝で37秒850を記録して7位に入賞。K―2の500メートルでも決勝まで進み、9位だった。

 女子K―2の200メートルでは、山本・尾崎組が予選と準決勝を通過し、決勝で45秒099を記録して7位に入った。500メートルでは準決勝で敗れた。

 そのほか、県勢は神島、田辺、田辺工業の生徒が各種目に出場したが、準決勝までに敗れた。3校の生徒は田辺カヌースプリントクラブ(CSC)に所属して日頃一緒に練習しており、インターハイではレースに出た生徒を3校の生徒がそろって応援した。


更新)