AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

女子団体で印南優勝、男子個人の辻浦・川村組も 県中学総体・ソフトテニス

 県中学総体のソフトテニスがこのほど、和歌山市であり、印南が女子団体で優勝。男子個人でも印南の辻浦壱経(3年)・川村幸大(2年)組が優勝した。

 女子団体に16校が参加し、ダブルスの3ゲームマッチでトーナメントをした。印南女子の選手は、嶋田実南さん、樫尾陽和里さん、山崎あかりさん、浜本亜純さん(以上3年)、林李々花さん、畑中望来さん、大地紗永さん(以上2年)、樫尾咲依里さん(1年)。

 男女個人は各64組が参加し、7ゲームマッチのトーナメントをした。紀南からは他に、女子個人で印南の林・畑中組が準優勝。男子個人で上富田の田中夢皐(3年)・森友人(同)組、緑丘の新谷真生(3年)・尾崎隼(2年)組、古座の大屋拓実(3年)・方森有己(同)組が5位(ベスト8)に入った。

 県大会の個人ベスト8、団体2位までが、7日から堺市である近畿大会の出場権を得た。近畿で個人ベスト8、団体3位までに入れば、21日から広島県である全国大会に出場できる。


更新)