AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

1府2県16チームが熱戦 串本で本州最南端寿野球大会

 第19回本州最南端寿野球大会が11日、和歌山県の串本町と古座川町の4会場で開かれた。1府2県から16チームが出場し、各会場4チームずつで熱戦を繰り広げ、それぞれ順位を決めた。前日には、串本町サンゴ台の串本ロイヤルホテルで開会式・前夜祭があり、参加者が交流を深めた。

 実行委員会(大岡征也会長)主催。寿野球ヤングレス串本主管、関西マスターズスポーツフェスティバル実行委員会共催。県内から12チーム、三重県から3チーム、大阪府から1チームが出場した。選手が60歳以上の第1グループに8チーム、試合に出場する選手の合計年齢が450歳以上の第2グループに8チームが出場した。

 第1グループは串本町民グラウンド(串本町出雲)と串本中学校グラウンド(同町串本)、第2グループは串本古座高校古座校舎グラウンド(同町中湊)と高瀬若者広場野球場(古座川町高瀬)でそれぞれトーナメントで競った。

 各会場の優勝チームは次の通り。

〔第1グループ〕

 串本町民グラウンド=松下松寿会(大阪府)
 串本中学校グラウンド=寿野球熊野クラブシニア(三重県)

〔第2グループ〕

 串本古座高校古座校舎グラウンド=御坊寿野球クラブ(和歌山県)
 高瀬若者広場野球場=寿野球上富田クラブ(和歌山県)


写真【4会場に分かれて試合をした寿野球大会(11日、和歌山県串本町中湊の串本古座高校古座校舎グラウンドで)】

更新)