AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

小学生138人が参加 田辺でNTT西日本の野球教室

 和歌山県田辺市上の山1丁目の田辺スポーツパークで10日、NTT西日本硬式野球部(大阪市)の野球教室があり、田辺・西牟婁の子どもたちが、守備や打撃などの指導を受けた。

 NTTの野球部は社会人野球屈指の強豪チーム。田辺スポーツパークで3年目となる早春キャンプを、1日から15日間の日程で実施している。

 田辺市内での野球教室は今回初めて。田辺・西牟婁の学童野球19チーム138人が参加した。

 ストレッチやランニングといったウオーミングアップの後、各班に分かれて守備や打撃の基礎的な練習をした。

 フリーバッティングやスピードガン競争では、児童一人一人が、所属チームと氏名を告げてから臨んだ。

 田辺第一クラブわかしおの中松昇汰君(田辺第一小4年)は「掛け声の仕方から勉強になった。教えてもらったバッティングとピッチングの基礎のフォームを今後に生かしていきたい」と楽しそうに話した。

 NTTの大原周作監督(45)は「ここは野球に最高の環境。野球人口を増やすことが課題。野球教室で和歌山の少年と交流できてよかった」と話した。


写真【スピードガン競争に挑戦する児童(和歌山県田辺市上の山1丁目で)】

更新)