AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

上秋津が初優勝 若鷲旗争奪学童野球

 23チームが参加した「第43回若鷲旗争奪学童軟式野球大会」(田辺・西牟婁学童野球協議会主催、紀伊民報後援)の決勝が5日、田辺市神島台の神島台運動場であった。上秋津少年野球クラブ(田辺市)があいづクラブ(同)を5―3で破って、初優勝した。上秋津は12月に太地町などである「いさなカップ」に出場する。

【決勝】

あいづクラブ
 000 030―3
 003 20×―5
上秋津少年野球クラブ

 〔あ〕上平―岩間
 〔上〕柏木、岩見―田中
  本塁打=太田(あ)

 上秋津は3回、押し出し四球で1点先制し、中山の適時打で2点追加。4回にも吉田の適時打などで差を広げた。あいづは5回、太田の本塁打で3点を返して追い上げたが、及ばなかった。試合は制限時間(100分)の関係で6回表で終了した。

 上秋津の田中天晴主将は「優勝という結果を残せてうれしい。12月の大会も皆で頑張り、少しでも上を目指したい」。あいづの原太陽主将も「皆で頑張ってきたので、ここまで来ることができた」と話した。

 5日にあった準決勝は、田辺第二クラブ―上秋津が6―6、田辺第一クラブわかしお―あいづも2―2で、ともに6回まで戦って時間切れのため抽選で決勝進出チームを決めた。

 1回戦から準々決勝までの結果は次の通り。

 1回戦=新庄4―1朝来、龍神6―1新二、芳養9―0日置川、田辺第二5―0稲成、田辺第三7―1岩田、市ノ瀬6―1田辺東部、あいづ5―0白浜白球

 2回戦=上秋津4―3新庄、龍神11―0西富田、芳養4―1上芳養、田辺第二17―0生馬、田辺第一2―0田辺第三、鮎川5―0すさみ、南白浜3―2市ノ瀬、あいづ1―0三栖

 準々決勝=上秋津2―1龍神、田辺第二3―0芳養、田辺第一7―0鮎川、あいづ5―0南白浜


写真【優勝した上秋津少年野球クラブ(上)、準優勝のあいづクラブ(下)】

更新)