AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

井本さん5連覇、空手の全国大会 小中学生3人は優秀賞

 全日本空手道連盟剛柔会主催の第43回剛柔会全国空手道選手権大会がこのほど、和歌山市の和歌山ビッグホエールであり、田辺市下万呂の井本匠さん(23)=箕島高校講師=が組手一般男子軽量(65キロ未満)級で5連覇を果たした。このほか、田辺・西牟婁から出場した小中学生3人は優秀賞を受賞した。

 大会には国外を含め、小学生から大人までの約1450人が参加。形、組手の両部門で練習の成果を競った。

 井本さんが出場した部門はトーナメントで参加者が優勝を争った。井本さんは準決勝で福岡県の選手に6―0で圧勝して決勝進出。決勝では福岡の別の選手と対戦し、2―1で競り勝った。「トップレベルの選手と練習できる機会や家族らの支えがあったから優勝できた。5連覇で恩返しができたと思う」と話した。10月の国体や12月の全日本選手権で、一つでも上の順位を目指すことが目標という。

 田辺・西牟婁ではこのほか、形で田辺市新庄中学校2年の青山風音さんが中学生女子部門で優秀賞に入った。組手では、小学2年男子部門で白浜町北富田小の南玲音君、小学6年男子部門で上富田町生馬小の小川侑大君がそれぞれ優秀賞を受けた。

更新)