AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

南部スポ少女子が近畿大会でブロック準優勝 小学生バレー

 第35回近畿ブロックスポーツ少年団バレーボール交流大会が5、6の両日、奈良市であり、和歌山県みなべ町の南部バレーボールスポーツ少年団が女子の部でブロック準優勝した。

 日本体育協会や日本スポーツ少年団などの主催。女子の部には近畿2府4県から36チームが出場した。

 試合は6チームずつ6ブロックに分かれて実施。各ブロック3チームずつによるリーグ戦で順位を決め、1位同士でブロックの決勝をした。

 南部はリーグ戦で登美ケ丘JVBCスポーツ少年団(奈良)と和泉バレーボールクラブスポーツ少年団(大阪)にセットカウント2―0で勝って決勝に進出。決勝は草津はやぶさジュニアスポーツ少年団(滋賀)にフルセットの末、1(14―21、21―17、11―15)2で敗れた。

 南部女子の石上貴一監督は「レシーブや攻撃の点では最近練習した成果が出て良かったと思う。決勝の相手は全国トップクラスの力があり、胸を借りるつもりで臨んだが、1セット目の前半硬かったのと、3セット目もコートチェンジの時点ではリードしていたが、その後勝ちを意識したためか、自らのミスでペースを奪い返され残念だった。今月下旬にも近畿大会があり、それに向けて今回の課題を練習したい」と話した。

 南部のメンバーは次の皆さん。

 坂本実優、法忍明日香、竹中理恵、中内美憂、久保美法、崎山真佳、田中美沙、越本一葉、米澤心望波、原愛、長瀬日鞠

更新)