AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

INARI3が優勝、準優勝は新南ポンスケ 小学生ドッジボール

 和歌山県の田辺市と上富田町の小学生チームが出場したドッジボールの交流大会「TKカップ」が9日、同町の朝来小学校体育館であった。優勝は「INARI3」(田辺市稲成小学校)で、準優勝は「新南ポンスケ」(同市田辺東部小)だった。

 朝来小の朝来サンライズ子どもクラブが主催。田辺市と上富田町の教育委員会が後援した。両市町の子ども会にはドッジボールチームがあり、毎年夏に郡大会や県大会に出場している。

 TKカップは子どもたちが試合をする機会を増やし、児童や保護者の親睦を深めようと始めた。入会者が減っている各地域の子ども会を盛り上げたいという思いもある。

 田辺市から14チーム、上富田町から2チームが出場。予選は4ブロックに分かれたリーグ戦で、各ブロックの上位2チームが決勝トーナメントに進んだ。INARI3は予選ブロックを1位で通過。決勝トーナメントを勝ち上がり、決勝では新南ポンスケを2(8―6、5―9、10―4)1で破った。3位は「あけ・ボ〜ノ♪2」(田辺市田辺東部小)、4位は「メビウス」(同市新庄小)だった。

 閉会式後、餅まきがあり、餅3千個や菓子がまかれた。

 INARI3の泉大希キャプテン(6年)は「2年前に自分たちの先輩のチームが優勝していたので、それに続くことができてよかった」と喜び、新南ポンスケの串野巧光キャプテン(6年)は「決勝は惜しかったが、全力を出すことができた」と話した。


【優勝したINARI3のメンバー(上)と準優勝した新南ポンスケのメンバー(下)】

更新)