AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ORICON NEWS

【世界バレー女子】セルビア撃破の瞬間19.8% 3次進出かけてブラジルと対戦

『2018世界バレー女子大会』を闘っているバレーボール女子日本代表(C)ORICON NewS inc.
 日本で開催されている4年に一度のバレーボール世界一決定戦『2018世界バレー女子大会』。きのう10日に名古屋で行われた2次ラウンドの第3戦で、リオ五輪銀メダル、世界ランキング3位、今大会でも1セットも落とさずに全勝と強さを見せつけていた強豪セルビアを相手に日本が勝利するなど、連日、熱戦を繰り広げている。

【写真】注目の若手!チーム最年少・20歳の黒後愛選手

 セルビア戦で日本は1セット目を奪われるも3−1で逆転勝利。この模様を放送したTBSの番組平均視聴率は13.8%。最高視聴率は午後9時43分にマークした19.8%で、マッチポイントを握った日本が石井優希選手の強烈なスパイクで相手からブロックアウトを奪い勝利をつかんだ場面だった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 セルビアに勝利した日本は、3次ラウンドへ向けて大きく前進。きょう11日のブラジル戦で、3次ラウンド(6チーム)に進出できるかどうかが決まる。日本戦の前に行われる、「オランダ×セルビア戦」の結果にもよるが、日本が2次ラウンド全勝で1位通過も見えてきた。8年ぶりのメダル獲得を目指す中田久美監督率いる女子日本代表選の熱き戦いに注目だ。6チームによる3次ラウンドは14日〜16日、名古屋・日本ガイシホールで行われる。

■『2018世界バレー女子大会』公式ホームページ
http://www.tbs.co.jp/sebare/



関連ニュース