AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ORICON NEWS

三浦涼介、ラジオパーソナリティー挑戦で発見「こういう場所を探していた」

ラジオのパーソナリティー挑戦で決意を語った三浦涼介(C)文化放送
 6人の若手俳優が日替りでパーソナリティーを務める新ワイド番組『あさステ!』(月〜土 前7:30)が、文化放送インターネットラジオ「超!A&G+」の動画付き配信で今月1日よりスタートした。記念すべき初回放送を終えたパーソナリティーたちが、感想や今後の目標を語った。

【画像】新ワイド番組『あさステ!』のロゴ

 同番組は、映画やドラマ、舞台・ミュージカルなど、幅広く活躍している若手の人気俳優たちが月曜から土曜までの曜日別パーソナリティーを務めるトークバラエティー。月曜から順に、有澤樟太郎(23)、松村龍之介(24)、矢崎広(31)、東啓介(23)、三浦涼介(31)、染谷俊之(30)が番組を担当する。

 今回は、金曜担当の三浦のインタビューを掲載する。

――初回収録はどうでしたか?

【三浦】純粋に楽しかったですし、普段自分はこういう人間なんだよっていうことをファンの方以外にも知っていただける機会ってなかなかないので、そういうことも収録してみてすごくうれしかったです。あとは自分が緊張しているんだなって途中で気づいちゃって…。そしたら余計緊張しちゃって(笑)。でも、楽しくできました。

――番組のオファーを初めて聞いたとき、どのように思いましたか?

【三浦】今はいろいろなところに飛び込んでいって、経験していかなきゃいけないときなのかなと思っていた時期だったんですけど、そこに経験したことのないラジオのオファーをいただいたので、できる限り頑張ってみようと思いました。

――今までラジオのパーソナリティーをやってみたいなという思いはありましたか?

【三浦】自分のCDを発売した時など、ラジオにゲストとしてお邪魔させていただく機会はあったんですけど、僕自身すぐに飽きてしまうタイプなのでパーソナリティーとして、ひとつのことをやり続けるっていうことに対して「きっとできないだろうな」とか「興味はあるけど難しいだろうな」って思ってしまっていました。ただ、今回パーソナリティーをやらせていただいて「あっ、面白いかも」とか「次は何やろうかな」って思えて、もしかして僕はこういうことや場所を探していたのかなって思いました。

――最後に視聴者の方にメッセージをお願いします。

【三浦】「今日も1日頑張ろう」、「明日も元気に過ごそう」と思ってもらえるような、すてきな番組を作れるように精進してまいります。また、僕の音楽だったりお芝居だったり何か1つでも新しいことに興味を持っていただけたらと思いますので、ぜひこれからよろしくお願いします。



関連ニュース