AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ORICON NEWS

福山雅治、8・27「甲子園」配信リリース 少年時代のユニフォーム写真に込めた憧れ

福山雅治の少年時代の写真を使用したNHK初の高校野球テーマソング「甲子園」ジャケット写真
 福山雅治がNHK初の高校野球テーマソングとして書き下ろし、5日に開幕した『第100回全国高校野球選手権大会』の中継などでオンエアされている「甲子園」が、8月27日に配信リリースされることが決定した。

【写真】高校球児や応援する人々にエールを送る福山雅治

 大阪桐蔭高校吹奏楽部が早くもアルプススタンドで演奏し、高校野球ファンからもリリースの問い合わせが多数寄せられていたという「甲子園」の配信リリースが決まり、あわせて、自身の小学生時代の写真を使用したジャケット写真も公開された。

 ソフトボールチームのユニフォームを着た自身の写真について福山は「この写真はポラロイド写真で、1枚しかなく日付もありません。推測では小学校4年生の頃かと」と説明。当時、故郷の長崎ではソフトボールが盛んだったと振り返る。

 「少年たちの多くはあたりまえのように野球選手になることに憧れてました。僕も周りの友達同様にプロ野球カードを集めていて、町内のソフトボールチームに入ってピッチャーをやっていました。その小学生の頃の憧れとは違いますが、今回こうやって音楽で野球に関われることをとても光栄に思っています。甲子園という場所は多くの人の憧れの場所ですが、『憧れは形を変えて叶うこともある』という僕の実体験から、この写真をジャケットに選びました」

 同曲のミュージックビデオ(MV)は「NHK甲子園」のホームページでフルサイズ公開中。小学生時代にソフトボールでピッチャーを、中学生時代では吹奏楽部で部長を務めていた福山はMVを「ブラスバンド部の学生たちと共に撮影したい」と提案し、京都橘、関西学院、甲子園学院、武庫川女子大学附属、仁川学院の5校総勢300人を超す高校生たちとともに阪神甲子園球場で撮影した。



関連ニュース