AGARAKiiLifeみかんKiiSearch
ORICON NEWS

自動車の車両保険 適用されるケースの違いと選び方

車両保険は2つのタイプがあり、保険料も補償される内容も異なる。選び方のポイントは?(画像はイメージ)
 自動車保険のうち、自分の車を補償してくれる車両保険。契約している車が衝突や接触などによって損害を受けた場合に、その修理費用などを補償してくれる保険だが、大きく2つのタイプがあり、保険料も補償される内容も異なる。実際にはどれを選べばいいのだろうか。

“高いから必要ない“のか? 自動車の「車両保険」賢い入り方

■エコノミータイプが適用外となるケース

 保険会社によって多少呼び方は異なるものの、基本的に車両保険は一般タイプとエコノミータイプ(車対車+Aタイプ)の2種類がある。一般タイプは保険料がやや高めの金額設定だが、故意により生じた損害や一部の災害などを除き、どのような事故でも保険が適用される。一方でエコノミータイプは保険料を抑えられる反面、車同士の事故は補償されても単独で起こした事故は補償外となり、修理費等を全て自分で支払うことになる。

 では、エコノミータイプで補償されない単独事故(自損事故)とはどのようなものだろうか。これは「車庫入れの時にハンドルを切り損ねて車体をこすった」「よそ見運転でガードレールにぶつかった」など、相手が車以外の事故を指す。たとえば「急に道路に飛び出してきた歩行者を避けようとハンドルを切って、電信柱にぶつかった」といったケースは単独事故となり、エコノミータイプの車両保険では補償されない。また、自転車との接触事故の場合も補償されず、車の修理費用は基本的に自分で出すしかない(いずれも過失割合を考慮しない場合)。

 さらに事故の相手が車の場合でも、車両保険による保険金を受け取れるのはあくまで相手が特定できた場合に限られている。もし、相手が事故の直後に現場を立ち去ってしまい、連絡先などが不明なままだと相手を特定できず、車両保険で保険金が下りないことになる。

 このようにエコノミータイプは保険料が安く済む分、場合によっては保険金を受け取れない可能性があることを知っておきたい。

■自分でどれだけ修理費用を出せるかが決め手

 では、どちらのタイプの車両保険を選べばいのだろうか。車両保険の保険金額は契約時の時価額相当で決められるが、一般的に車の年式が新しければ車の価値も高くなるので、新車の購入時などは一般タイプをつけておいても損はないだろう。また、高級車などは修理費が高くなりがちなため、保険料は高くなるものの、万一の事態に備え一般タイプを選ぶのが安心だ。

 反対に、エコノミータイプを選べば保険料はかなり抑えられるので、「万一の事故時は自分で支払う」と割り切れるのであればこちらを選択するのがいいだろう。「車両保険をつけない」という選択肢もある。車の年式が古い場合は補償される保険金も低くなるので、保険料とのバランスを考えて検討しよう。また、「単独事故は決して起こさない」という自信のあるドライバーであればエコノミータイプを選んでもいいかもしれないが、事故は突発的に起こるケースがほとんど。“もしも”の事態にはしっかり備えておきたい。

(文/西村有樹)
フリーライター。保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベストカー」などでも多数の記事を担当する。



関連ニュース