AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

南紀勝浦が総務大臣賞 温泉総選挙2018

 温泉地の活性化を目的に開かれている「温泉総選挙2018」(旅して日本プロジェクト実行委員会主催)で、和歌山県那智勝浦町の温泉地「南紀勝浦温泉」が総務大臣賞を受賞した。

 主催者や県によると、南紀勝浦温泉が受賞したのは、魅力向上や活性化について顕著な取り組みがあった温泉地を、各省庁担当や選考委員会メンバーが選定する各省庁賞(総務大臣賞、環境大臣賞、観光庁長官賞、地方創生担当大臣賞)のうちの一つ。地元行事への積極的な参加や地域資源の活用、観光客を巻き込んだイベント開催などによって地域経済の好循環に貢献しているなどと評価されたという。

 県内ではこのほか、橋本市にある「やどり温泉いやしの湯」が、インターネット投票で幅広い世代が楽しめる温泉地を表彰する「ファミリー部門」の1位などを受賞した。

 那智勝浦町の堀順一郎町長は受賞について「大変喜ばしい。町民が一体となっておもてなしに取り組んだたまもの。これからも満足を頂ける温泉地としてさらなるおもてなしに努めたい」とコメントした。


更新)