AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

和歌山県立高校6263人受験

 和歌山県内の各県立高校で11日、2019年度入試(一般選抜・スポーツ推薦)があり、全日制、定時制合わせて6263人が受験した。全日制の競争倍率は現行制度となった09年度試験以降、最低の0・93倍だった。

 全日制は29校4分校62学科が6518人を募集。前年度より83人少ない6085人が受験した。6092人が出願したが、7人が欠席した。

 定時制は9校11学科が575人を募集し、前年度より12人多い178人が受験した。出願は182人だったが、4人が欠席した。

 箕島高校では、英語のリスニングテストで放送が一時、聞き取りづらくなるトラブルがあり、対象問題の得点(6点)を受験生全員に与えた。また、別の1校で同じリスニングテストで、冒頭部分の放送が途切れるトラブルがあり、1分遅れで再開した。

 合格発表は19日午前10時に各受験校である。


更新)