AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

議員定数5に削減 北山村議会、全国最少に

 和歌山県内で最も人口が少ない北山村(2月末現在435人)で12日、村議会が現在6人(欠員1)の議員定数について、次回の選挙から1減の5とする議員定数条例案を議員提案し、全会一致で可決した。定数5は沖縄県北大東村と並んで全国最少。人口の減少が理由という。

 村勢要覧によると、村の人口は1945年には2601人だったが、2017年には451人に減少。65歳以上の高齢者が占める割合も17年には48・56%に上っている。

 議員定数は07年に現在の6となったが、16年7月に山口賢二村長が村長選に出馬したことを受け、欠員1の状態が続いていた。

 議員定数条例案は葛城健也議員(無)が提出。「議員定数に関する聞き取り調査や直接村民の意見をうかがう議会懇談会を実施し、その結果、多くの村民が議員定数を削減すべきとの意識があることが分かった」などと述べ、人口が減少している現状を考慮するなどして今回の条例案を提案したと説明。討論はなく全会一致で可決した。


更新)