AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

よむら朝市5周年 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町渡瀬で「よむら朝市」を開いている四村川活性化委員会(久田里敏行会長)が9日、朝市の5周年感謝祭を開いた。

 よむら朝市は2014年にスタート。毎週土曜の午前8時〜10時に開催し、地域住民が育てた農作物やアマゴなどを販売している。

 この日も地元の野菜やアマゴ、漬物などが並んだほか、温泉コーヒーや豚汁を振る舞って来場者を歓迎。熊野本宮伝統芸能子ども教室のメンバーが県無形民俗文化財に指定されている「平治川の長刀踊」を披露して感謝祭に花を添え、最後に餅まきをして締めくくった。

 久田里会長(66)は「皆さんのおかげで無事にここまで来られた。今後も5年、10年と続けられるよう頑張っていきたい」と話した。


写真【餅まきもあり、多くの人でにぎわうよむら朝市5周年感謝祭の会場(9日、和歌山県田辺市本宮町で)】

更新)