AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

梅や備長炭使った菓子販売 世界農業遺産にちなみ考案

 和歌山県みなべ町北道の和洋菓子店「創旬菓房みさき堂」は、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」にちなみ、地元の梅などを使った焼き菓子「みなべのこだわり フィナンシェ」の販売を始めた。3種類入りで500円(税込み)。

 店長の三前智亮さん(44)によると、農業遺産に関係する菓子を作りたいと、梅システムの要素である梅や備長炭、蜂蜜を材料に考案した。

 以前から販売していた県産蜂蜜入りの「はちみつフィナンシェ」に加え、それをベースにした、紀州南高梅の乾燥梅肉とホワイトチョコの相性が良い「梅フィナンシェ」、食品用備長炭パウダー入りで、シャリシャリとした食感が楽しめる「備長炭フィナンシェ」の3種類。

 パッケージには「私たちは世界農業遺産『みなべ・田辺の梅システム』を応援しています」の文字や、同システムのロゴマークが入っている。店によると、商品は好評で手土産などに購入してくれる人もいるという。

 同店のほか、JA紀州ほんまもんふるさと産地直売所(みなべ町東吉田)でも販売している。


写真【世界農業遺産にちなんだ菓子「みなべのこだわり フィナンシェ」】

更新)