AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

「日向のミカン」ブランドに 農家の会社がジュースやジャム

 和歌山県田辺市上芳養の農家らでつくる株式会社「日向屋」は、規格外のミカンを利用したジュースやジャムなどの加工品を開発し、地元で販売を始めた。上芳養の日向(ひなた)地区はミカンの産地。加工品を通じ、ブランド化を図る。

 日向屋は昨年3月に、地元の若手農家5人を中心に設立した。農業や狩猟、産品販売など地域資源を活用した活性化を目指している。加工品の開発は今回が初めて。

 ミカンの生産では傷が付いたり、形が悪かったりする規格外が例年1〜2割出るという。台風が多い年は、さらに増える。日向屋はこうしたミカンを仕入れ、加工品にして付加価値を加える。本年度は日向のミカン限定で約4トンを加工した。

 製造は和歌山市で障害者の労働を支援する「一麦会」に委託した。日向屋でも将来的に障害者雇用を進めたいという。

 加工品はジュース(720ミリリットル、千円)、ジャム(140グラム、600円)、ドライフルーツ(35グラム、500円)、ゼリー(70ミリリットル×3個、400円)。全て詰め合わせしたギフト(3千円)も販売する。いずれも価格は税抜き。

 上芳養の紀州石神田辺梅林で販売するほか、地元の産直店や道の駅でも順次販売する。


写真【ミカンの加工品ギフトセットをアピールする日向屋の岡本和宜社長(和歌山県田辺市上芳養で)】

更新)