AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

東京五輪旗が和歌山到着 歓迎イベントに1300人

 全国を巡回している2020年開催の東京五輪とパラリンピックの旗が3日、和歌山に到着した。歓迎イベントが同日、和歌山市の県民文化会館であり、約1300人が来場した。両旗は3月上旬まで県内を巡回する。

 東京都や日本オリンピック委員会などが主催し、五輪旗とパラリンピック旗を、全国で披露する「フラッグツアー」。16年10月に東京都をスタートし、本年度中に46道府県の巡回を完了する予定。

 歓迎イベントでは、岩出市出身で元体操五輪日本代表の田中理恵さんが五輪旗を、男性アイドルグループ「TOKIO(トキオ)」の松岡昌宏さんがパラリンピック旗を持って登場。2人は壇上で旗を振って披露した後、田中さんは仁坂吉伸知事、松岡さんは藤山将材県議会議長にそれぞれ旗を引き継いだ。

 仁坂知事はあいさつで「田中理恵さんの素晴らしい招致スピーチがあって、『トーキョー』という東京五輪が決まった感激の瞬間があった。胸をときめかして、和歌山から盛り上げたい」と話した。


写真【五輪旗を振る田中理恵さん。左は松岡昌宏さん、右隣は仁坂吉伸知事(3日、和歌山市で)】

更新)