AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

佐藤氏(前串本町議)出馬へ 和歌山県議選東牟婁郡選挙区

 今春の和歌山県議選に向け、前串本町議の佐藤武治氏(64)=串本町潮岬=が11日、東牟婁郡選挙区(定数2)から無所属で立候補すると表明した。

 佐藤氏は同町串本の町役場で記者会見し、現職県議の前芝雅嗣氏(70)=自民=から後継者指名を受け出馬を決めたと述べ「今まさに、串本、東牟婁は追い風が吹いている。紀南を元気にし、自分を成長させたい」と決意を語った。

 公約は、高速道路ネットワークの早期完成▽地域住民の命を守る防災・減災への取り組み▽地の利を生かした新産業の創出▽子どもを産み、育てる環境整備―の四つ。すさみ串本道路と串本太地道路の早期完成、護岸の耐震化とかさ上げ、7月完成のジオパークセンターのPR、ロケット発射場誘致と関連事業の掘り起こし、妊婦健診費の助成充実などに取り組むと述べた。

 後援会長の前芝氏も同席し、エールを送った。

 佐藤氏は串本高校卒。JA紀南で支所長、センター長などを歴任。退職後の2013年4月に串本町議に初当選し、2期目。11日に辞職届を提出した。

 任期満了に伴う県議選は3月29日告示、4月7日投開票。東牟婁郡選挙区は自民現職の谷洋一氏(70)が出馬する見込みで、他に串本町議の水口崇氏(59)も立候補の意思を表明している。


更新)