AGARAKiiLifeみかんKiiSearch

西日本弓道女子で優勝 神島高校の碓井さん

 第25回西日本高校弓道選手権大会(広島県弓道連盟主催)が4〜6日、広島市の県立総合体育館弓道場であり、和歌山県の神島高校2年、碓井晴捺さんが女子個人で優勝した。男子団体では神島Aが準優勝した。

 大会は、全国大会で選手を上位入賞させたことのある監督がいるか、県代表として推薦を受けた学校が出場できる。団体(1チーム3人)は男子100チーム、女子96チーム、個人には男子265人、女子254人が出場した。

 女子個人は4本全て的中させた人が予選を通過し、決勝で的に当て続けた人が勝ちの射詰めをした。決勝に21人が進出し、碓井さんと宇和島東(愛媛)の選手のみが4本連続で当てた。5本目からは一回り小さい的になって2人とも外したが、6本目で碓井さんのみが当てた。

 男子団体は予選でメンバー各自8本(計24本)を打ち、的中数の上位16チームが決勝に進出。決勝では各自4本(計12本)のうち的中数を競うトーナメントをした。

 神島Aは計17本的中で予選を通過。決勝トーナメント1回戦で岡山工業(岡山)に8―7、2回戦で宇部香川(山口)に6―5、準決勝で崇徳(広島)に8―7で勝ったが、決勝で秀岳館(熊本)に9―10で敗れた。神島Aのメンバーは、福島瑞希君、植野海音君、大垣内智之君(いずれも2年)。


更新)